平成の大修理のお知らせ

談山神社の社殿建造物は大半が国指定の重要文化財であり、 このたび国の指導により老朽化の著しい建造物を修理することとなりました。

特に檜皮葺屋根は約30年毎に葺き替え工事をしなければなりません。 工事は平成18年3月より始まりました。

各建物毎の工程は下表の通りです。工事中は拝観の皆様方にご迷惑をお掛けしますが、 貴重な文化財の維持にご協力下さいますようお願い申し上げます。

追加工事
東大門 平成26年度〜平成27年度(予定)
第一期工事
西宝庫 平成18年3月〜平成19年3月 終了
十三重塔 平成18年12月〜平成19年9月 終了
東宝庫 平成19年4月〜平成20年9月 終了
権殿 平成20年2月〜平成23年5月 終了
摂社東殿 平成21年3月〜平成21年10月 終了
本殿 平成22年10月〜平成24年3月 終了
西透廊 平成24年3月〜平成24年10月 終了
東透廊 平成24年3月〜〜平成24年10月 終了